サイナビ!ブックレットvol.15「事件,事故のことを子どもからどう聴き取ればよいか?」を発行しました

子どもが事件や事故の被害者や目撃者になることがあるが,子どもから適切に話を聞くことは,とても難しいようだ。そうした際の聞き取りの技法として注目されている司法面接についての連載がブックレットになりました。

ブックレットの内容

仲真紀子「事件,事故のことを子どもからどう聴き取ればよいか?――子どもへの司法面接」の4回の連載を1つのブックレットにまとめました。

連載第1回はこちら

目次

・Section 1
はじめに
司法面接とは何か
目撃・被害の記憶
話を聞くことの難しさ
「お父さん」と対峙できるか
疑わしければ
・Section 2
事実について報告を求める
録音・録画
自由報告
オープン質問
面接の構造
・Section 3
世界の司法面接
司法面接の始まり
イギリス
アメリカ
他の国々
・Section 4
専門家の連携と私たちにできること
虐待行為の多重性
連携の難しさ
事実確認における連携―協同面接
虐待の発見と司法面接の今後

内容

全体でA4判11ページです。サンプルとして1ページ目を以下から入手できます。

入手方法

PDFでのご購入

ブックレットのPDFデータは,以下のサイトからご購入ください(別サイトに移ります)。さまざまな決済方法がお選びいただけます。

1ダウンロード300円(税抜き)です。ブックレット発行を記念して,2017年3月24日14時から2017年4月7日14時まで2週間は,33%offとなっています。ぜひお試しください。

利用規約

  • 記載された内容の著作権等の知的財産権は,著者または著者に権利を許諾した者に帰属します。
  • 購入者に限り,自身の利用,または教育・研究での利用を目的として印刷・配布して使用することができます。
  • ダウンロードしたデータを他者に提供することを禁じます。