978-4-908736-09-4_cover

母のがん

ブライアン・フィース著
高木萌訳,小森康永解説

発行日: 2018年3月31日

体裁: 四六判横変型134頁

ISBN: 978-4-908736-09-4

定価: 2600円+税

ネット書店で予約・購入する

電子書籍あり(予定)

内容紹介

肺がんにかかった60代の母と家族を描いたグラフィック・ノベル。深刻な病により患者本人や家族の日常生活が一変し,それぞれの思いが交錯する様子を,独特の表現とイラストで,正直に真正面から,時にユーモラスに描く「希望の物語」。

アイズナー賞(ベスト・デジタルコミック),ドイツ若手文学賞,ハーヴェイ賞(最優秀新人賞),ルル・ブルーカー賞などを海外で受賞し,4つの言語で出版されている話題のグラフィック・ノベルがついに日本に登場。がんの当事者や家族,がんになった人が身近にいる人,医療・看護に関わる人におすすめです。

目次

肺がんの診断方法/待ちぼうけ/家族会議/手術不能/看護師の妹/素晴らしい心遣い/無駄にするにはもったいないもの/だから言っただろう/下の妹とハリウッド/可能性の話をしないで/灰色と黒の関係/父さん/抗がん剤っ腹/いつも通りの異常/クリプトナイト/希望 vs. 希望/闘いの後/数学の国の母さん/報い/P. E./何もない海の上で/パズル/コンドミニアムでの一夜/結局は誰の人生なのか?/頭の中の宇宙/何度もの英雄的な回復/過去の過ちから学ぶ/秋冬/5%の解決策/妻がミニバンをとりに行っている間に/どんでん返し(終わり)/エピローグ

著・画

ブライアン・フィース(Brian Fies)

作家,マンガ家。妻のカレンと共に,カリフォルニア州北部に在住。他の作品に,グラフィック・ノベルWhatever Happened to the World of Tomorrow?(受賞作)やウェブコミックThe Last Mechanical Monstersがある。http://brianfies.blogspot.com/

訳者

高木萌(たかぎ・もえ)

翻訳家。カリフォルニア州LCSW(licensed clinical social worker)。

解説

小森康永(こもり・やすなが)

愛知県がんセンター中央病院精神腫瘍科部部長。著作に,『緩和ケアと時間』(金剛出版,2010年),『ディグニティセラピーのすすめ―大切な人に手紙を書こう』(金剛出版,2011年,共著),『はじめよう! がんの家族教室』(日本評論社,2015年,編著)など。

序文

あなたはひとりなんかじゃない。

私が『母のがん』を描いた理由は,私の家族ががんと闘っていたときにこんな本がほしかったからでした。私は『母のがん』を,密かなジャーナリズムのようなものとして2004年のはじめにインターネットで連載しはじめました。思いがけず私の家族が巻き込まれた闘いの前線から送る特報として。自分と,そしてマンガのキャラクターにしてほしいとは一言も言っていない家族のプライバシーを守り,このストーリーがどこの誰の物語にでもなりうるようにするために,匿名で連載していました。結果,口コミによって読者数は増えていきました。必要としていた人々に届いたのです。

『母のがん』は,私の家族と母が経験した,母の転移性肺がんとの闘いの経験についてのみを描いたものだと思っていましたが,その物語を自分自身のことと重ねていた読者の数には驚かされました。医療関係者や教育者たちから,『母のがん』が患者の視点を理解するのに役立ったという手紙や,カリキュラムに使う許可がほしいという手紙を受け取ったことも,とても嬉しく思いました。それは,本の出版を通してより多くの読者に届ける機会を得たときと同じように,思いがけない名誉でした。

『母のがん』を手がけはじめたときは,ストーリーがどう終わるのかわかりませんでした。ただ,よいレポーターとして,できるだけ中立的に語ろうと徹底していました。『母のがん』は実践的な医学書ではありませんし,検査や治療法は人それぞれです。しかし,感情や実際の病気による影響には,共通する部分があるでしょう。私の家族も,1人ひとりがこの本に出てくる状況をまったく違うふうに記憶していますし,私の記憶の描写もけっして見栄えのするものではありません。それでも父母や妹たちそれぞれが,快く,時に熱狂的に『母のがん』をサポートしてくれることが一番大切なことでした。そしてそれは,この本が与えてくれたもう1つの思いがけない名誉でした。

『母のがん』は,悪い出来事もよい出来事に変えていこうという,正直で真剣な努力の賜物です。普段私は教訓を垂れようとする物語は信じないのですが,これだけは言わせてください:あなた以上にあなたの人生を気にかける人はいない。あなたの人生の行き先を記録するのにあなた以上の適任者はいない。あなた自身が,あなたの人生のエキスパートなのだから。

メディア掲載、書評等

AbemaTV「エゴサーチTV特別編〜ニシノ書房〜」(MC・西野亮廣),でゲストのカラテカ矢部さんの推薦作品の1冊として紹介されました

『精神療法』第44巻第6号,2018年12月に書評が掲載されました(評者:明智龍男)。