9784908736162cover

ワークシートで学ぶ問題解決療法

認知行動療法を実践的に活用したい人へ 実践のコツを教えます

平井啓・本岡寛子 著

発行日: 2020年3月20日

体裁: A5判並製144頁

ISBN: 978-4-908736-16-2

定価: 1800円+税

ネット書店で予約・購入する

電子書籍あり(予定)

内容紹介

ストレスなく,楽に生きるために

さまざまな不安やストレスを解消するために,医療現場や相談機関で活用されている問題解決療法。それぞれが抱える問題を解決するための5つのステップを,ワークシートを用いながら具体的に解説します。本人だけでなく,支援者や家族も活用できる実践のコツが詰まった1冊。

目次

1章 問題解決療法の基礎

2章 問題解決療法とは?

3章 「問題」とは?――問題の定義

4章 解決策とは?

5章 問題解決療法の5つのステップ

6章 問題解決の定式化――問題解決療法の全体像を理解する

7章 問題解決療法の難しさ

8章 問題解決療法の応用

著者

平井 啓(ひらい・けい)

1997年,大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程退学。大阪大学大学院人間科学研究科准教授。
主要著作に,『医療現場の行動経済学』(東洋経済新報社,2018年,共編),「問題解決療法とその応用―精神・心理的コンサルテーション・がんサバイバーの社会的価値創造へ」(『認知療法研究』10(2), 114-116, 2017年),「精神・心理的コンサルテーション活動の構造と機能」(『総合病院精神医学』28(4), 310-317, 2016年),Tailored message interventions versus typical messages for increasing participation in colorectal cancer screening among a non-adherent population: A randomized controlled trial.(BMC Public Health, 16, 431, 2016年,共著),Problem-solving therapy for psychological distress in Japanese early-stage breast cancer patients.(Japanese Journal of Clinical Oncology, 42(12), 1168-1174, 2012年,共著)など。

本岡寛子(もとおか・ひろこ)

2007年,関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程心理学専攻修了。近畿大学総合社会学部准教授。
主要著作に,『働く人たちのメンタルヘルス対策と実務』(ナカニシヤ出版,2016年,共編),「問題解決療法プログラムによって形成された対人的問題解決における意識―大学生を対象とした「コミュニケーション心理学実習」における試み」(『近畿大学心理臨床・教育相談センター紀要』2, 15-24, 2017年,共著),『なるほど! 心理学面接法』(北大路書房,2018年,分担執筆)など。

はしがき

近日公開予定。