978-4-908736-15-5_cover

なぜ人は困った考えや行動にとらわれるのか?

存在脅威管理理論から読み解く人間と社会

脇本竜太郎 著

発行日: 2019年12月10日(予定)

体裁: 四六判並製256頁

ISBN: 978-4-908736-15-5

予価: 2200円+税

ネット書店で予約・購入する

電子書籍あり(予定)

内容紹介

悪とは何か?

弱さから生じるすべてのものだ ――ニーチェ

人々の分断や対立,人生の不自由さや息苦しさはどこから生まれるのか? 「いつか訪れる死への恐怖」に対する人間の心的防衛メカニズムから,人間と社会に広がる生きづらさを読み解く。

目次

第1章 死の恐怖から人間の行動を理解する――存在脅威管理理論

第2章 自己についての幻想

第3章 なぜよそ者を排斥するのか?

第4章 なぜ一人になるのを恐れるのか?

第5章 公正さに潜む落とし穴

第6章 母性愛神話を考える

第7章 伝統という幻想――なぜ昔はよかったと思ってしまうのか?

第8章 よりよく存在論的恐怖とつき合うために

著者

脇本竜太郎(わきもと・りゅうたろう)

2007年,東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学,博士(教育学)。現在,明治大学情報コミュニケーション学部専任講師。

主要著作に,『存在脅威管理理論への誘い―人は死の運命にいかに立ち向かうのか』(セレクション社会心理学27,サイエンス社,2012年),「存在論的恐怖が達成事象の主観的時間的距離に及ぼす影響―自己高揚と一貫性希求の比較検討」(『情報コミュニケーション学研究』18, 131-144, 2018年),Reconstruction of the subjective temporal distance of past interpersonal experiences after mortality salience(Personality and Social Psychology Bulletin, 37, 687-700, 2011年),「存在論的恐怖が自己卑下的帰属および他者からの支援的帰属の期待に及ぼす影響の検討」(『実験社会心理学研究』49, 58-71, 2009年),「存在脅威管理理論の足跡と展望―文化内差・文化間差を組み込んだ包括的な理論化に向けて」(『実験社会心理学研究』44, 165-179, 2005年)など。

はしがき

近日公開予定。