18歳は大人か?子どもか?――心理学から現代の青年をとらえる(1)

何歳から大人か

――男性と女性ではどう違うのですか。

27歳の女性に大人かどうかを聞いてみましたら,まだ全員が大人と答えなかったので,30歳になったらどう答えるだろうと確かめてみました(16)。しかし,大人だとする回答は増えませんでした。30歳で新たに出てきた「大人ではない」の理由としては「予想していた30歳の状態と自分がほど遠く,成長しているとは言えない」「自分の仕事をこなすだけでなく周りも支えなければならない立場になったのにそれができていない」などといったことが挙げられました。

男性の場合は,就職や結婚といった経済的自立や社会的責任を担うことで成人感が大きくなりますが,女性の場合は必ずしもそうではありませんでした。「いつ大人になるか」と聞きましたら,「40代になったとき」「死ぬとき」といった回答もありました(17)。これはいつ大人になるかわからないということなのでしょうが,女性の方が生涯にわたる成長をイメージしているのかもしれません。

――青年が大人になるとはどういうことでしょうか。

大人になるとは,身体的な側面以外に,就職したり家庭をもったりして経済的・社会的な自立や責任を果たすという社会的な側面と,自分の行動に責任をもてることや社会常識に対する知識や判断力をもつといった内面的な側面が関わります(18)

ただし,青年から見た大人像には,「大人には裏があり,きたない」といった否定的に見えるものも入っています。現実の大人は否定的な側面を含め多様だからでしょうが,それにとどまらず,青年が大人になるとは,肯定的なものだけでなく,否定的なものにも見えるようなこともあわせて,人間としての二重性を生きることだからなのでしょう。

スポンサードリンク

大学生に「大人になりたくない」と思ったかどうか聞きましたら,半数近くは思ったことがあると答えました(19)。その理由は,「責任を負わされるのがこわかった」が最も多い答えでしたが,ほかに「大人になると夢や自由な心を失うと思った」などがありました。「大人になりたくない」と思うことは,単に青年が大人になることを拒否しているのではなく,いまある大人を乗り越えて発達しようとする可能性も含まれていると思います。

次回は,青年期の延長について取り上げ,もう少し立ち入って考えてみたいと思います。

(→続く:近日公開予定)

文献・注

(1) 内閣府 (2013).「民法の成年年齢に関する世論調査

(2) 加藤隆勝 (1987).『青年期の意識構造――その変容と多様化』誠信書房,p. 19.
久世敏雄 (2000).「青年期とは」久世敏雄・齋藤耕二監修,福富護・二宮克美・高木秀明・大野久・白井利明編『青年心理学事典』福村出版,p. 4.

(3) (2)の久世(2000)を参照。

(4) 宮川知彰 (1973).「青年の性格構造」依田新・大西誠一郎・斎藤耕二・津留宏・西平直喜・藤原喜悦・宮川知彰編『現代青年の性格形成』現代青年心理学講座4,金子書房,p. 25.

(5) 加藤隆勝 (1987).『青年期の意識構造――その変容と多様化』誠信書房,p. 22.

(6) 白井利明 (1988).「成人性の基準における次元の問題(2)――20歳代の未婚有職者の調査から」『大阪教育大学紀要(第IV部門)』37(2), 151-161.

(7) (2)の加藤(1987)を参照。

(8) 国立国会図書館調査及び立法考査局 (2008).「主要国の各種法定年齢――選挙権年齢・成人年齢引下げの経緯を中心に」p. 17.

(9) VandenBos, G. R. (Editor of chief). (2007). APA dictionary of psychology. American Psychological Association, pp. 21-22.(繁桝算男・四本裕子監訳,2013『APA心理学大辞典』培風館,p. 504)

(10) Damon, W. (2004). Foreword. In R. M. Lerner & L. Steinberg (Eds.), Handbook of adolescent psychology (2nd ed.). Wiley, p. vii.

(11) (8)を参照。

(12) VandenBos, G. R. (Editor of chief). (2015). APA dictionary of psychology (2nd ed.). American Psychological Association, p. 23.

(13) (6)を参照。

(14) Arnett, J. J. (2000). Emerging adulthood: A theory of development from the late teens through the twenties. American Psychologist, 55, 469-480.

(15) 白井利明 (1988).「成人性の基準における次元の問題(1)」『大阪教育大学教育研究所報』23, 57-71.

(16) 白井利明 (2010).「30歳の女性はなぜ自分を大人と思わないのか――縦断的研究」『大阪教育大学紀要(第IV部門)』58(2), 77-87.

(17) (16)を参照。

(18) (15)を参照。

(19) (15)を参照。


1 2 3
執筆: