サイナビ!ブックレットvol.7「現象としての社交不安」を発行しました

社交不安を「症状」ではなく「現象」としてとらえると,何が見えてくるのか。臨床心理学のアプローチから「現象としての社交不安」を解説する連載が1つのブックレットになりました。

ブックレットの内容

佐々木淳「現象としての社交不安」の4回の連載を1つのブックレットにまとめました。

連載第1回はこちら

目次

・Section 1 臨床心理学入門としての社交不安
症状という「現象」
バイオ・サイコ・ソーシャルモデルから見た社交不安
社交不安の仕組み――学習と適応システム
社交不安という現象に触れることの面白さ
・Section 2 これって正常? 異常?――現象の機能を考える
この現象はあなたに何を与えているのか――現象の機能という視点
現象の短期的機能と社会的機能
現象の長期的機能
臨床心理学における正常と異常
正常と異常――誰が決めること?
・Section 3 対人恐怖症は日本文化に
固有の現象なのか?
「対人恐怖症」の誕生と発展
DSM-IIIの到来と誤解
文化結合的という考え方の裏側にあるもの
現象と文化
これからの対人恐怖症研究
・Section 4 現象が現象であるために――病理を超えて
Neglected anxiety disorder?
現象に関する情報の発信の功罪
病気ですよというメッセージ
病気ではありませんよというメッセージ
病理視への2つの傾向
現象への病理視と対応の担い手
治療技法の発展と責任性
最後に――Other neglected aspects?

内容

全体でA4判14ページです。サンプルとして1ページ目を以下から入手できます。

入手方法

PDFでのご購入

ブックレットのPDFデータは,以下のサイトからご購入ください(別サイトに移ります)。さまざまな決済方法がお選びいただけます。

1ダウンロード300円(税抜き)です。ブックレット発行を記念して,2016年3月14日午前9時から2016年3月28日午前9時まで2週間は,33%offとなっています。ぜひお試しください。

利用規約

  • 記載された内容の著作権等の知的財産権は,著者または著者に権利を許諾した者に帰属します。
  • 購入者に限り,自身の利用,または教育・研究での利用を目的として印刷・配布して使用することができます。
  • ダウンロードしたデータを他者に提供することを禁じます。