「学びを愉しく」をコンセプトに活動を続けている出版社です。心理、教育、社会に関する出版を進めていきます。

心理学情報サイト「サイナビ!」を2015年10月にスタートさせました。

会社設立時のメッセージ「ちとせプレスが目指すもの」もぜひご覧ください。

小社の刊行物は,全国書店でお求めいただけます。書店に在庫がない場合はご注文ください。ちとせプレス販売サイトでも承ります(送料無料)。

INFORMATION

  • ちとせプレスの刊行物はこちらをご覧ください。→刊行物
  • 2019年2月刊行。鎌倉女子大学「家族のつながり」ゼミナール『ふたりのおかあさん』。特別養子縁組によって結ばれた家族の物語。フルカラー絵本。
  • 2019年3月刊行。尾見康博『日本の部活(BUKATSU)』。日本の部活への文化心理学的観点からのアプローチ。
  • 2019年3月刊行。木戸彩恵・サトウタツヤ編『文化心理学』。文化心理学の体系的テキスト。
  • 2019年12月刊行予定。相良翔『薬物依存からの「回復」』。ダルクにおけるフィールドワークを通じて,薬物依存からの「回復」のプロセスとその意味内容を記述し,社会学的に考察。
  • 2019年12月刊行予定。脇本竜太郎『なぜ人は困った考えや行動にとらわれるのか?』。「いつか訪れる死への恐怖」に対する人間の心的防衛メカニズムから,人間と社会に広がる生きづらさを読み解く。