978-4-908736-18-6_cover

生命(いのち)を理解する心の発達

子どもと大人の素朴生物学

外山紀子 著

発行日: 2020年7月31日

体裁: 四六判並製200頁

ISBN: 978-4-908736-18-6

予価: 1900円+税

ネット書店で予約・購入する

電子書籍あり(予定)

内容紹介

生命現象に関する理解と「誤解」

子どもや大人は,生命(いのち)をどのように理解しているのだろうか。成長や老化,病気,遺伝や死などの生命現象に関する理解から見えてくる,ヒトの認知の本質とは。

目次

第1章 生命あるもの

第2章 成長と老化

第3章 病気

第4章 心と身体

第5章 遺伝

第6章 死

著者

外山紀子(とやま のりこ)

1993年,東京工業大学総合理工学研究科システム科学専攻博士課程修了。博士(学術)。現在,早稲田大学人間科学学術院教授。

主要著作に,『発達としての共食―社会的な食のはじまり』(新曜社,2008年),『やさしい発達と学習』(共著,有斐閣,2010年),『乳幼児は世界をどう理解しているか―実験で読みとく赤ちゃんと幼児の心』(共著,新曜社,2013年),『生活のなかの発達―現場主義の発達心理学』(共編著,新曜社,2019年),『共有する子育て―沖縄多良間島のアロマザリングに学ぶ』(共編著,金子書房,2019年)など。

はしがき

近日公開

関連記事

関連記事をサイナビ!に掲載予定